ハイヤー利用のための事前知識

ハイヤー利用のための事前知識 ハイヤーと聞いて、どんなものを思い浮かべるでしょうか。タクシーは一般的に馴染みのある交通手段でもありますが、ハイヤーがどのようなものなのか、いまいち分からないという人もいるでしょう。年配の方がハイヤーを頼もうと言っているのを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。タクシーと何が違うのか、まずはタクシーとハイヤーの違いから説明します。タクシーは時間と距離で乗車料金が発生します。タクシーは道路で手を挙げて合図し、乗せてもらう、あるいは駅前などで待機しているものに乗せてもらい、目的地まで連れて行ってもらうことができます。それに対してハイヤーは事前に契約し、時間で車とドライバーを貸し切ります。タクシーのように道路で停めて乗せてもらうことはできません。

ハイヤーはあらかじめの契約と予約が必要です。いわゆる完全予約制です。ハイヤーは英語でhireという表記になり、雇用することという意味を持ちます。つまり、予約した時間帯はドライバーを車付きで雇用したようなものです。ハイヤーの予約には、専属で契約する場合と、スポット利用といって一日から数日など、短期間だけ利用するものと大きく分けて2種類があります。主な契約の流れとしては、ハイヤーの会社が利用を希望する顧客の要望を聞き、見積もりを提出します。顧客が見積もり内容に合意できれば契約するという流れです。タクシーとの大きな違いとして、会社によっては利用する数日前に予約をしなければならない場合もあります。具体的な利用台数や利用人数、目的地の申告などあらかじめ伝えたいことをきちんとまとめてから見積もりを出してもらうことをおすすめします。予約を前日や当日にキャンセルする場合はキャンセル料がかかることも多いです。

長距離で長時間利用する場合に割引をしてくれる会社もあります。月に何度も利用するなら、1回1回お願いするより割安になることがあります。場合によってはタクシーを利用するより安くなることがあるので、長距離移動の場合は、問い合わせしてみると参考になるかもしれません。スポット利用で1日だけ依頼することも可能です。支払い方法は会社によって様々です。事前の振り込みや当日現金での支払いが可能な場合もありますが、利用後に請求書を受け取り、振り込みするパターンにも対応している会社があります。

ハイヤーの利用には様々な用途があります。会社役員の社用車、海外VIPの送迎、冠婚葬祭での送迎など、通常のタクシー利用ではなく、ある種特別感の必要な時に利用する人が多いのも特徴です。

一般的に流しのタクシーだと車種を選んでいる時間はありませんが、ハイヤーは事前予約なので、車種を選ぶことができます。用意されている車種は会社によって違います。利用するシチュエーションによってラインナップから好きな車種を選ぶことができ、利用人数に合わせてセダン車やワゴン車などを指定できます。役員やVIPの送迎ならセダン車、冠婚葬祭で親族の送迎に使うのであればワゴン車を使うこともあるでしょう。選ぶ車種によっては料金が割り増しになることもあるので確認が必要です。普段乗ることができない車に乗ることもできるので、高級車の中から車を選ぶことができるのもハイヤーならではの楽しみかもしれません。

ハイヤーはドライバーがドアの開閉を行ってくれます。ハイヤーのドライバーは要人を乗せる機会も多く、サービスが徹底しています。ちょっとしたVIP気分を味わうことも醍醐味の一つです。以上、ハイヤーについてどのようなものかを説明しましたが、簡単に表現すると、タクシーよりワンランク上のサービスが受けられる送迎車ということです。

最新ニュース